【衝撃】ファミコンのカセットにあいていた穴の意味が予想外すぎると話題に!マジかよwwww

ファミコンのカセットにあいていた穴の意味に衝撃の事実! 任天堂「実は……」と回答
ゴゴ通信


レトロゲームの代名詞『ファミリコンピューター(以下、ファミコン)』のカセットについて、ちょっとした疑問が湧いたので今回はそれを記事にしたいと思う。

その疑問とはカセット上にある穴である。初期のカセットの上部には2つの穴があいていた。しかしこの穴はどういった意味があったのか?

別のメーカーのカセットは穴が上ではなく、片側の正面や背面になっていたり、穴すら無いカセットまである。

穴は必ず必要というわけでは無さそうだが、なにかしらの意味があって開けていたのは確かだ。

そんなわけで穴について最も詳しいであろう任天堂の広報さんに聞いてみた。

編集部 カセットの上部に穴が空いていたと思うんですけど、どういった意味があるかわかりますか?
任天堂 はい、実はあれはただのデザインなんです。
編集部 え、放熱とか組み立てるときに出来る穴とはではなく?
任天堂 そうです全くのデザインなんです。
編集部 アイレムさんのカセットは前と後ろに穴が空いてますがあれもデザインでしょうか。
任天堂 そうです、同様にデザインです。

という回答が得られた。カセットにあいていた穴は何かに使う物では無く、意味も全く無いデザインだったことが判明。ネット上で「放熱」「組み立てる際に必要」「紐を通す」などの説が浮上していたが、ただのデザインだったという。

全文を読む




みんなのコメント

穴を開けるデザインってなんだ・・・。

なん・・・だと

分解するときにあそこにドライバーをねじ込んで・・・と、そのためのものだと思ってたなあ

カセットっぽさは出てるよな

製造時に出来る穴とかでもなく本当にタダのデザインなのか

放熱のためだと今日まで思い込んでたわ





“クソガエル”
マ!?
アレただのデザインだったのか…www
製造段階で発生してしまうものなのかと思ってたわwww
“ニートp”
懐かしいねファミコンのカセット
ランプ光ったりするのとかもあったよねwwww
“クソガエル”
アイレムのソフトなwwww
ぐう懐かしいわwwww

記事を読んだらシェアしよう!

コメントしてね!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)