【えぇ…】北朝鮮でWi-Fiが入るスポットが大人気→無断で使うと処刑されるかもしれない…怖すぎだろ…

北朝鮮でWi-Fiが入るスポットが大人気 まともに市民がネットできる場所
ゴゴ通信

北朝鮮でWi-Fiが入り、まともにインターネットが出来る場所として注目を集めている場所がある。

平壌大同江区域の北繍洞(プクスドン)と言う場所。そこにはドイツや英国の大使館などがあり、公館の西側周辺にてWi-Fi電波が入るという。Wi-Fiが入るのは公館から半径約20メートル程とされている。

そのほかにもう1箇所、平壌科学技術大学がWi-Fiが使用可能だ。そこには外国の教授が集まっており、センターでのみWi-Fiが使用可能。

しかしこれらのWi-Fiが北朝鮮の住民に知られ、建物から出てるWi-Fi電波に接続しネットサーフィンした者もいたという。

大使館が集中している平壌大同江区域は無線回線でのインターネットが使用可能だという理由で、住宅価値まであがった。

Wi-Fiにパスワードが掛かっているのかどうかは不明であるが、仮に掛かっていたとしたら関係者が漏らした可能性もある。

また無断で使ったことがバレたら処罰を受ける可能性もありそうだ。

ソースはこちら




みんなのコメント

バレたらほんとに殺される

ノートPCなりスマホを市民が持ってるのに驚く

Wifiの射程長過ぎでパスないとかわざとだろ

アクセスしたらログから死刑

これ明らかにトラップだろ?
接続したら死刑とかw





“クソガエル”
こんなのおっかなくて使えねぇよwwwww
“ニートp”
まぁ僕が無知ってだけなんだけど
北朝鮮にドイツや英国の大使館があったことに何気に驚いたわ
“クソガエル”
Wi-Fiが拾えるって理由で住宅価値まで上がるとかヤバない?絶対バレたら殺されますよ…

はてブお願いします!僕のモチベが上がります…

コメントしてね!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)