【翼をください】奨学金の「ブラック」な実態。借金の平均額〇〇万!!

奨学金の「ブラック」な実態。前途ある若者を食い物にしてよいのか

いまや大学生の2.6人に1人が利用する奨学金。だが返済に追い詰められる例急増している。

法的措置、年間8000件超の衝撃
突然、身に覚えのない多額の借金の請求書が自宅に届く――。今、全国各地でこんなことが相次いでいる。

奨学金を借りた若者たちが返済に行き詰まり、その保証人になった人が日本学生支援機構(JASSO)訴えられるケースが続発しているのだ。

長引く不況や雇用情勢の悪化から、奨学金を借りる学生は増加し続け、1998年度には約50万人だったが、
2013年度には144万人へと、わずか15年で3倍近くに伸びている。

1人あたりの合計借入金額の平均は、無利子の場合で236万円有利子の場合は343万円にものぼる(2015年度)。
新社会人になった若者の約4割がこれほどの借金を背負って社会に出て行く。

ソースはこちら




みんなのコメント

借りる時は神の如く讃え、返せなくなったら悪魔扱いかよ

奨学金ではなく学生闇金と改名したら

無理して大学に行く必要がないのに行こうとすると当然こういう問題が出てくる。

自腹で大学いけないならいかんでよろしい。




管理人のコメント

“iMoko”
確かに返せない額ではないだろうけど、学生が窮屈な生活を送らざる負えないのもまた確かだよな
“クソガエル”
てかみんなのコメント見たけど冷たくないっすか?
“iMoko”
ん~、それはあるな。なんか辛辣だよな
“クソガエル”
おい
“ニートP”
んだよ
“クソガエル”
お前、頑張れよ
“ニートP”
お、おうww

記事を読んだらシェアしよう!

コメントしてね!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)