『ペルソナ5』などを制作しているアトラスが5億7000万円の赤字!?

ニコニコニュース

アトラス、5億7000万円の赤字 「ペルソナ5」大ヒットも





ゲームメーカーのアトラスが6月16日の官報に掲載した決算公告によると、2017年3月期(16年4月〜17年3月)の最終損益は5億7000万円の赤字だった。当期は、プレイステーション 3・4用ソフト「ペルソナ5」やニンテンドー3DS用ソフト「世界樹の迷宮5 長き神話の果て」など人気シリーズ最新作を発売していた。

アトラスは「真・女神転生」「デビルサマナー」「ペルソナ」「世界樹の迷宮」など数々のヒットシリーズで知られるゲームメーカー。

16年9月に発売した「ペルソナ5」は全世界累計150万本突破の大ヒットとなっている。

17年には「真・女神転生」「世界樹と不思議のダンジョン」の新作などを発売予定。

ソースを見る




みんなのコメント

赤字…どうしたの?

ペルソナ5あってこれか

もうほかのゲーム売れないんすかねー




管理人のコメント

なんだかんだやったことないです(小声)ってやつ

俺です(小声)

 

記事を読んだらシェアしよう!

コメントしてね!

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)